FC2ブログ

チャチャイ大いに語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤーマンのレパートリー紹介。2回目は「バルバドス」
ジャズファンの方ならきっとご存知だろう、チャリーパーカーのブルースナンバーである。この曲が出来た40年代というのは、ディジーガレスピーや、チャノポゾなんかが大いにアフロキューバンを流行らせていたようだが、多分そういった影響を受けて作られたものの一つだろう。タイトルはカリブ海に浮かぶ小さな島国からとったものだと思う。
しかし僕らが参考にしたのはチャリーの演奏でもないし、後につづくジャズレコードからでもない。90年代に発表されたジャズジャマイカというロンドン発のスカバンドのアルバムに入ってたのを元にしているのである。ジャズジャマイカはロンドンで活躍している当時若手の黒人ベーシスト、ギャリークロスビーが同年代のプレイヤー達と、現存するスカの歴史を作った偉大なる人々、すなわちリコロドリゲス、エディ"タンタン"ソーントンといった巨匠たちを集めて結成したドリームプロジェクトバンドだ。
僕はこのバンドの結成最初のライブをクラブクワトロで、目の前でみた。しかもその日のゲストがコートニーパインに、あの幻のローランドアルフォンソ!僕は一度あの時、生きながら昇天を経験した。まあそれくらい興奮したという事だ。そして、このジャズジャマイカは僕のバンドのある種の目標となった。それは安直にスカバンドを作ってコピーするというんじゃなく、この雰囲気をジャズに取り入れたいと思ったのだ。正直日本人のジャズプレイヤーの閉鎖的な、ある種諦めが入ったような客を無視したステージマナーにウンザリしかけてた(まあ一部なんですが)時期だけに、このエンターテイメントぶりは嬉しかった。
「バルバドス」は彼らのファーストアルバムの1曲目に収録されている。キーは多分Gだと思うが、僕らはチャーリーのオリジナルキーであるFにもどして、よりテンポアップした。そしてよりスカ特有の興奮度を増すために、ホーンが1コーラスづつリレーするというアレンジを施してみた。それによってパーカーでもないジャズジャマイカでもない、ヤーマン流バルバドスが完成したと自負しているんだけど、いかがでしょうか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。