FC2ブログ

チャチャイ大いに語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
full-3.jpg
FURTHER EXPLORATIONS/HORACE SILVER(BLUENOTE 1589)

 ホレスシルバーこそ私にとっての正真正銘のジャズヒーローといえる存在ではないでしょうか?ピアニストであるこの人は優れた作曲家として、そしてファンキージャズの伝導師として、既に高い評価と人気を得ています。現在の東京都知事、石原慎太郎氏がデビュー当時に執筆したのが「ファンキージャンプ」といった和製ビートニク小説で、実際にホレスのポートレイトが表紙に使われていた程、日本でも人気のあった人です。一時忘れさられていましたが(ぼくがファンになったのは正にその頃)昨今のアシッドジャズやらレアグルーブブームのあおりをうけ、今また多くの若いファンが増えているというのは嬉しい限りです。
 ホレスの魅力は優れた作曲センスとファンキーな演奏にあるという事は周囲も一致する所だけれども、私としては、それに+α、ミステリアスな出で立ち、そして謎を残した出生と私生活という要素を付け加えたい。若きホレスの写真をみた人はきっと「この人何人?」とお思いでしょう。黒人であるはずなのにデビュー時から珍しい長髪で、演奏中に前髪が完全に落ちてきてしまってる様がむちゃカッコいいのです(かなりの汗っかきを利用した演出だったらしい)。服装も明らかに他の連中より際立ってシャレてますし、顔立ちも目鼻立ちがくっきりしてて、間違いなく異質だと思っていたら、どうやら父方がポルトガル系、母方がアフリカ系にインディアンも少し入ってるという事である。にも関わらず、作る曲も演奏自体もブルーズやゴスペル的な要素を思いきり取り取り入れたニグロ魂100%といったものばかり。実際ファンキーという言葉は「ファンク」つまり黒人の体臭を指した差別用語であったものが、ホレスが1953年に発表した「オパス デファンク(黒人臭い作品)」によりいっぺんに音楽的な言葉に変わったといわれている。そしてそのプレイの華麗で力強いこと。ホレスの前にも後にもこんなスタイルを持った人は皆無でしょう。ソロも凄いんですがホーンをあおるバッキングのノリは言葉には表せられないんじゃないでしょうか?ホレスこそ真の黒人界に最初に現れたクール(この世界では逆にホットという意味もある)なスタイリストといえるのではないでしょうか?しかもこの人、他のピアニストみたいにアルバイト的な他人の伴奏など一度もしていないのである。グループ演奏こそホレスが生きる道といってもいいのだ。スタンダードの伴奏なんて全く想像出来ないのだけど、それゆえマスコミでの露出が少なく、謎多き人物なのである。
 ホレスのアルバムのほとんどはアルフレッドライオンのブルーノートレーベルから発表されています。その9割り近くは耳を通してますが、今だに期待外れのものは一切なしと言い切ってしまいましょう。一番エキサイティングなのは最盛期のライブ盤「ドゥーイング ザ シング」だし、最もまとまりのあるのはヒットナンバー「シスターセイディ」収録の「ブロウイン ザブルースアウェイ」。アートブレイキーとがっぷり組んだ「ホレスとメッセンジャーズ」はYAHMANの10年以上にわたるテーマ「ザプリーチャー」が入ってるという事で捨てがたい…。しかし今回はこれ「ファーザーエクスプロレイションズ」!アートファーマーとクリフジョーダンという素晴らしいフロントが入ってるのですが、レギュラーとしては短命だったため、つい見逃されるアルバムですが、ここでは「ムーンレイ」というナンバー1曲で決めさせてもらいます。当時のホレスの書く曲は所謂ハードパップという枠に入るものですが、ここではちょっと珍しく組曲風アレンジが施されています。「アフロキューバン」の時に述べたように本来そういう楽譜臭のする演奏は好みじゃないはずなのですが、これだけは優雅なうえ力強く、そしてファンキーなのだ。後半のたたみかける展開から美しいテーマに戻る瞬間など天才的な冴えと職人技をを感じます。何かフランスのとても見応えある映画をみた後(?)みたいなゴージャスな気分にさせてくれます。これはぜひ聴いてみてほしい曲であります。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://chachai.blog104.fc2.com/tb.php/14-aebe54a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。