FC2ブログ

チャチャイ大いに語る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
full-3.jpg
FURTHER EXPLORATIONS/HORACE SILVER(BLUENOTE 1589)

 ホレスシルバーこそ私にとっての正真正銘のジャズヒーローといえる存在ではないでしょうか?ピアニストであるこの人は優れた作曲家として、そしてファンキージャズの伝導師として、既に高い評価と人気を得ています。現在の東京都知事、石原慎太郎氏がデビュー当時に執筆したのが「ファンキージャンプ」といった和製ビートニク小説で、実際にホレスのポートレイトが表紙に使われていた程、日本でも人気のあった人です。一時忘れさられていましたが(ぼくがファンになったのは正にその頃)昨今のアシッドジャズやらレアグルーブブームのあおりをうけ、今また多くの若いファンが増えているというのは嬉しい限りです。
 ホレスの魅力は優れた作曲センスとファンキーな演奏にあるという事は周囲も一致する所だけれども、私としては、それに+α、ミステリアスな出で立ち、そして謎を残した出生と私生活という要素を付け加えたい。若きホレスの写真をみた人はきっと「この人何人?」とお思いでしょう。黒人であるはずなのにデビュー時から珍しい長髪で、演奏中に前髪が完全に落ちてきてしまってる様がむちゃカッコいいのです(かなりの汗っかきを利用した演出だったらしい)。服装も明らかに他の連中より際立ってシャレてますし、顔立ちも目鼻立ちがくっきりしてて、間違いなく異質だと思っていたら、どうやら父方がポルトガル系、母方がアフリカ系にインディアンも少し入ってるという事である。にも関わらず、作る曲も演奏自体もブルーズやゴスペル的な要素を思いきり取り取り入れたニグロ魂100%といったものばかり。実際ファンキーという言葉は「ファンク」つまり黒人の体臭を指した差別用語であったものが、ホレスが1953年に発表した「オパス デファンク(黒人臭い作品)」によりいっぺんに音楽的な言葉に変わったといわれている。そしてそのプレイの華麗で力強いこと。ホレスの前にも後にもこんなスタイルを持った人は皆無でしょう。ソロも凄いんですがホーンをあおるバッキングのノリは言葉には表せられないんじゃないでしょうか?ホレスこそ真の黒人界に最初に現れたクール(この世界では逆にホットという意味もある)なスタイリストといえるのではないでしょうか?しかもこの人、他のピアニストみたいにアルバイト的な他人の伴奏など一度もしていないのである。グループ演奏こそホレスが生きる道といってもいいのだ。スタンダードの伴奏なんて全く想像出来ないのだけど、それゆえマスコミでの露出が少なく、謎多き人物なのである。
 ホレスのアルバムのほとんどはアルフレッドライオンのブルーノートレーベルから発表されています。その9割り近くは耳を通してますが、今だに期待外れのものは一切なしと言い切ってしまいましょう。一番エキサイティングなのは最盛期のライブ盤「ドゥーイング ザ シング」だし、最もまとまりのあるのはヒットナンバー「シスターセイディ」収録の「ブロウイン ザブルースアウェイ」。アートブレイキーとがっぷり組んだ「ホレスとメッセンジャーズ」はYAHMANの10年以上にわたるテーマ「ザプリーチャー」が入ってるという事で捨てがたい…。しかし今回はこれ「ファーザーエクスプロレイションズ」!アートファーマーとクリフジョーダンという素晴らしいフロントが入ってるのですが、レギュラーとしては短命だったため、つい見逃されるアルバムですが、ここでは「ムーンレイ」というナンバー1曲で決めさせてもらいます。当時のホレスの書く曲は所謂ハードパップという枠に入るものですが、ここではちょっと珍しく組曲風アレンジが施されています。「アフロキューバン」の時に述べたように本来そういう楽譜臭のする演奏は好みじゃないはずなのですが、これだけは優雅なうえ力強く、そしてファンキーなのだ。後半のたたみかける展開から美しいテーマに戻る瞬間など天才的な冴えと職人技をを感じます。何かフランスのとても見応えある映画をみた後(?)みたいなゴージャスな気分にさせてくれます。これはぜひ聴いてみてほしい曲であります。
スポンサーサイト
full-2.jpg

AT THE APOLLO/JIMMY McGRIFF(SUE STLP1017)
 出ました!オルガンジャズ。ジミースミス、ジャックマクダフ、ベビーフェイス・ウィレット、ビッグジョン・パットン、チャールズキーナート、ハモンド・スミス、ロニースミス、みんな私をこんな人間に仕立て上げた張本人達である。そう、のみ屋にタブをためてレコードを買うような人間に。そんな悪い奴らの中でも私の知る限り最もファンキーでイカれた野郎がこのジミーマグリフだ。こいつは一見大学教授風真面目人間に見えるが、そのラムネ瓶の底みたいな黒縁眼鏡にだまされてはいけない。これほどのゴンタクレオルガンプレイヤーはそういるもんじゃないのだ。ジミーマグリフのプレイそのものは、パイオニアにして孤高の人、ジミースミスの影響を大いに受けていると思うのだが、彼は更にそれを真っ黒にした、どブルーズ的な乗りをもってるといっていいだろう。ジミースミスのバカテクにブラザーージャックマクダフのファンクネスを取り入れたのがマグリフである。これを聞いた所でオルガンジャズなんて何の縁もない人には、スワヒリ語の説教くらい何のこっちゃ解らない話でしょうが、ちょっとでもオルガンジャズの世界に足を踏み入れた人ならば、それがどう凄い事かお解りでしょう。早い話、イチローがヒットを打つ確立でホームランを打つ様なものなのだ、多分。
 このレコードはそんなマグリフがまだ若手であった時代の、有名なハーレムはアポロシアターでのライブ録音版。ダイナワシントンやサラボーン、アレサフランクリンなど主だった黒人エンターテイナーを数多く排出した名門劇場である。そんな背景があってか、マグリフの張りきりようは尋常ではなくて、サックス、ギター、ドラムと揃ったメンバーが一塊になった分の音で攻めて来ている。つまりマグリフ対他プレイヤーの図式だ。サックスがウネウネ、ギターがペンペンと、一生懸命ソロを取った後に、それをもみ消す音圧で入り込んでくる様は、正に先に言ったゴンタクレそのものである。普通グルーブというのはみんなで力を合わせて作っていきましょうね的な形で作られると思うのであるが、マグリフの場合、オレがグルーブだと公言してる様なものなのである。恐るべし。
 そんなとんでもないレコードであるにも関わらず、SUEなんて聞いた事もないレーベルから発売されたせいか、これは現在レコードではめったにお目にかかれません。CDも大昔1回だけ輸入版が出たきり、とうに廃盤となってるようである。私はその頃に伝説のレンタルCD屋さん「ブルーキャット」で、そのCDを借りて聴いて以来、ずーと半ば諦めながらレコードを捜してたんですが、結局10年くらいして、ひょこっと見つけ、飛びついて買ったという訳だ。大枚はたいた程じゃないが、決して安い値段じゃなかったはずだ。先日TORE UPのオルガン大好きDJ、清水君と話しをしたら、このレコードの存在は知ってるけど、持っていないと言っていた、うしししし。清水君、君もこれを見つけたらタブをしてでもおさえてた方がいいよ。
full-1.jpg
第1回目からあまりにもマイナーな作品を紹介してしまいましたので、今回は人気のある作品を取り上げます。クラブDJさんなんかはきっと知ってるでしょう?トランペッター、ケニードーハムの「アフロキューバン」である。タイトルそのまんま、ずばりアフロキューバンなアルバムであるが、私はもーこれがバイブルと言ってもいいくらい大好きなのである。とにもかくにもカッコいい!エキサイティング!そしてダイナミック!ジャケットも赤くて熱い。
 このセッション、よくよく聴くと、結構というか、かなり細かいアレンジが施されていて、アンサンブル重視の部分が多いのに気付く。私は本来ジャズならぶっつけ本番、出たとこ勝負的なのが好みで、そういった譜面の臭いがする演奏はノリが悪くて敬遠がちなのだけど、これだけは例外中の例外。何せ参加メンバーが凄い。個性の塊ドーハム以下、テクニックも音量も申し分ないJ.Jジョンソンのトロンボーン。最高のメロディーメーカーでありスタイリスト、ハンクモブレーのテナーサックス。根性バリトン、セシルペイン。エキゾチックスター、ホレスシルバーのピアノ。重鎮ベース、オスカーペティフォード。そして我らがヒーロー、アートブレイキー。ほとんど全員各パートのジャイアンツであり、バンドリーダー級の人達だ。さらに!このメンバーに、ヤクザパーカッション、サブーマルチネスのコンガが全編チャカポコチャカポコと暴れまくってくれるんだからたまらない訳なのである。今から考えるとこのメンバーが揃ったのは奇跡だ。ブルーノート万歳!といいたい。譜面重視だとノリが悪くなるなんて、そんな理屈はこの連中には通じないのであろう。アンサンブに酔って、リズムで踊って、ソロでブッ飛ぶなんて演奏はそーあるもんじゃない。私などすべてのソロまで鼻で唄える程聴きこんでしまっていても、まだ飽きないのである。
 このアルバム、録音されて50年の歳月がたってるんだけど、20年くらい前までは、実はそれほど評価されてなかったらしい。そもそもブルーノートというレーベルは今では名門といわれCDも良く売れてるらしいけど、それまでは高評価なものと、そうじゃないものの差が、かなりはげしかったと聞く。当時までは、やはり所詮低予算マイナーレーベルだったのだ。この「アフロキューバン」も後者のそうじゃない方の部類に、まともに入ってたみたい。しかも日本ではラテンリズムのジャズなんぞはコマーシャルなもので聴く価値なんぞないぞよ、という間違ったお教えが蔓延してたのでなおさらだったのである。
 そんな風潮に嬉しい機転が訪れたのが、20年くらい前。ロンドンで「ジャズで踊る」ブームが起こり、その教科書的な存在としてもてはやされたのが、この「アフロキューバン」だったのだ。何でもジャイルズピーターソンというDJと「ストレートノーチェイサー」というジャズ雑誌の編集者ポールブラッドショウが中心で展開してたらしい。このブームは5年くらいの月日をかけて日本にも訪れたのだけど、何せついその前まではお立ち台でボデコン姐ちゃんが扇子持って踊ってた時代である(お立ち台に上がって怒られた事がある)。流行最先端を自負してた若者達はこぞってこのブームに乗っかろうとしたのはいいけど、いかんせんジャズなんて今まで聴いた事ないし、右往左往の期間が2~3年は続いたはずだ。もちろん私もよく解ってなかったんだけど、ちょうどオリジナルラブなんて出てきたり、ピチカートファイブなんかも人気あった頃だ。このころは何でもありで面白かったな。
 しかしこの右往左往は間違いなく(経済の下降と共に)日本の音楽シーンも変えてしまって、今のクラブDJなんかの基礎を作っていったのだと思う。これがなくてはボサノバなんて今頃誰も見向きもしなかっただろうし、ジャズなんて堅苦しい国が援助して保存する文化に終わってたかも知れない。何よりYAHMAN&BELLS,MANも生まれてなかったこも知れない。そう考えたら、この「アフロキューバン」は遅れて音楽史を変えた傑作といえるのではないか?しかもこんなに楽しい教科書なんて。
思い付きでお送りする、おすすめジャズアルバム企画第1弾
full.jpg

TAKIN'CARE OF BUSINESS/CHARLIE ROUSE(JAZZLAND 919S)
 チャーリーラウズは間違いなく好きなテナーマン10本の指に入る1人だ。しかしこの男、日米問わず非常に損な立場にいると思う。ラウズといえばセロニアスモンクのコンボのテナーマンとして、長年活躍した事で知られるのだけど、いかんせんモンクのグループは前任テナーが悪かった。有名なジョンコルトレーンにジョニーグリフィン、レギュラーではないかも知れんがソニーロリンズもいいレコードを残した。ラウズはそれより後、モンクが音楽家として、一つのピークがすぎてからレギュラーとして加入した事になるのだが、それが悪かった。どーもその音楽的な下降がラウズのせいにされている節が、これまでのジャズ評論にしばしば見受けられるのだ。例えば「モンクは60年代以降、平凡なテナープレイヤー、ラウズと組んだがために、その音楽性を発揮することが難しくなった」とか「ここでもラウズのテナーはモンクの世界を表現するには物足りない」とか。中にははっきり2流と書いたものまである始末だ。この傾向は特にブランド指向というか、これまでの論から新しい見方が出来ずに、同じ評論しかくり返せない日本ではよく目立った意見だ。
 私は正面きって、これらの意見に「アホか?」と述べたい。まずクリントイーストウッドの企画したモンクのドキュメント映画「ストレートノーチェイサー」を観ていただいたら解るが、モンクの低迷は誰のせいでもなくモンクの精神的、または肉体的なもので、誰と仕事して、誰と仕事出来なかったからなんて、簡単な事ではない。そしてこの映画で観られるのはモンクとラウズの絶対的なミュージシャン同士の信頼関係だ。正直もう音楽から逃げる一歩手前のモンクに、根気よく1小節づつコードを確認していくラウズの姿をみて、モンクはこの男と出会ったために10年間音楽家として生き長らえたのではないかと想像する。
 ラウズのテナーは、この当時の他のテナージャイアンツと同じく、一聴して本人と分かる個性がある。全体的にカスれた音色で、特に低音が乾いていて、しかもフルボリュームで鳴らしきっているため異様な迫力がある。しかもこれは手癖かもしれないが、独特のフレーズをもっていて、これは実際に聴いてもらうしかないのだけど、私はこれをラウズ節と名付けている。この素晴らしいテナータイタンの魅力は、絶対に一旦モンクグループから切り離して評価してあげないとダメだと思う。
 前置きが長くなってしまったが、ここで本アルバムの登場だ。これはリバーサイドの別シリーズレーベル、ジャズランドからリリースされた、超がつくほどの典型的なハードバップアルバム。曲目もファンキーなブルーズにバラード、歌物と揃っていて、中でも両面に1曲づつ入ってるアップテンポのナンバーは、この当時のジャズ特有のエネルギーに満ちあふれた快演で、最高にカッコいい。何といってもピアノのウォルタービショップとドラムのアートテイラーというメンバーの力が頼もしいし、トランペットも恐らくラウズと息がぴったりのブルーミッチェルというのが好ましい。このアルバムのリーダーもサイドメンも所謂ジャズジャイアントは1人もいないし、音楽的に何か進歩的な事を演っている訳ではない。しかし、数あるハードバップアルバムの中でも本作は少なくとも、私の中では頭一つ抜けた痛快作である。そしてその中心にラウズのズ太いテナーサウンドがある訳だ。
 ラウズはブルーノートにも1枚だけリーダーアルバムを残していて、タイトルは「ボサノバ バッカナル」。意外にもボサノバ集だ。私は勝手に「ボサノバ バカになる」と呼んでいるんだけど、これがまたラウズ節にピッタリとマッチしていて大好きなアルバムだ。しかしこれ、何で知ってるんだか、ヤーマンの若いメンバー連中が家に遊びに来たら、必ず私のレコード棚からひっぱり出して聴いていく。これをアナログレコードで聴けるのが嬉しいと口を揃えて言っているのだ。若い奴らはいいものを知っているんだ。嬉しい事である。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。